パソコン代を稼ぐまで

本当のプログラマを目指すブログ

印刷ではなくコピーをする馬鹿

会議資料なんかで資料が50部必要になったときに、1部だけ印刷して49部をコピー機でコピーする無能がいるが、あれはどうにかならないものか。

何を考えているのかわからないが、印刷で出せるものをコピーするのは無駄でしかない。

「トナー節約のためにコピーする」といっていたやつがいるが、全く節約にはならない。むしろ逆効果で、コピーはトナーを消費する。

印刷した資料と、それをコピーした資料を見比べてほしい。コピーした方は文字がぼやけ、ぼやけている分文字が太るのでトナーを消費する。そして、コピーのノイズやらガラス面やらのゴミも複写するので、そこでも無駄なトナーが浪費される。

そして、トナーの浪費よりひどいのは、文字がぼやけ、ノイズが入る分資料は汚れているため読みづらくなる。グラフなんかは白黒モードで色分けをすると網掛けなど、線種で判断するのだが、それが見づらくなるほどにぼやける。

なんのメリットが有ると思ってコピーをするのか。

こんなことも疑問に思わず、考えることができないのは資料を作成する以前の問題に思う。