パソコン代を稼ぐまで

本当のプログラマを目指すブログ

テキストエディタ

プログラミングをするためにパソコンを購入し、そのパソコン代を稼ぐまで続けようと思っているこのブログだが、テキストを入力するエディタがなにかいいか悩む。

パソコンを購入する前からUbuntuLinuxをインストールして使おうと考えいたが、いざインストールしようとすると、無線LANを認識していなかったのでいきなりの断念で、Windows10を使い続けている。

なので、Windows10で使えるテキストエディタを探しているのだがなかなか悩む。

秀丸スーパーライセンスパック [ダウンロード]

秀丸スーパーライセンスパック [ダウンロード]

Windowsで動作する高機能なエディタとしては、 - 秀丸エディタ - WZ Editor - MIFES - EmEditor が情報が多い。

その情報を調べている中ではEmEditorは除外するとして、上の3つになるわけだけど、最安値は秀丸エディタの5000円として、MIFESは15000円。機能は似たり寄ったりでよくわからない。

ということで、一番有名だと思われる秀丸エディタを購入し使っているが、使い勝手が良い部分が今のところ見つからない。 疑似CSV編集モードはそこそこ便利に使えているが、MIFESなんかはCSVモードがもっと進化している様子。

秀丸エディタでブログの記事を書いても、編集能力は特に高くないので、メモ帳で書いているのとあまり使い勝手が変わらない。

でも買ったからにはしばらく使っていこう。

MIFES 10

MIFES 10

EmEditor Professional 2010

EmEditor Professional 2010